ドライバーの仕事内容と収入

ドライバーの仕事内容と収入

ドライバーの仕事内容と平均的な収入 ネット通販の発達によりそれに伴って軽貨物運送の需要が爆発的に増えていますが、軽貨物運送の仕事をしたいけどどんな仕事なのかよくわからない方も多いです。
果たして軽貨物ドライバーは稼げるのかきつくないのかなど仕事内容や平均的な給料などについて、具体的に説明していくことにします。
軽貨物ドライバーの仕事は指定された配達先に軽車両で運べる大きさの荷物を届けることで、大型トラックなどと比較して移動距離は短く地域もある程度決まっています。
届ける荷物は食料品から医薬品や水や部品や灯油など様々で、荷物を届ける先は一般家庭と会社ですが会社は昼間は誰が
いるので不在で渡せないことはほぼないです。
しかし一般家庭の場合は決まった家庭に届けることはほとんどないので、不在で渡せないことも多いのでその場合は再配達しなければならないです。
求人で多いのは専属定期便とスポットですが、専属定期便は社員の代わりに配達を行うので毎日仕事ができるので収入が安定しますがスポットは不定期で回ってきます。
軽貨物ドライバーは、自分の軽自動車を利用する配達業務で個人事業主なので運送会社へ支払う手数料を委託料から差し引き、残りの分が収入になります。
毎日の売り上げが1万4000円なら週2日の休みで月に22日働くとするひと月の売上が30万8000円になり、ここから手数料を運送会社に支払い経費も差し引いた金額が収入です。

軽貨物運送の悩ましいストレスも解決策を見いだすことができる

軽貨物運送の悩ましいストレスも解決策を見いだすことができる 軽貨物運送業務を行っていると、様々な問題が出てきます。その都度解決をしていくことが求められますが、あらかじめ準備をしておけば心配はいりません。
例えば、営業マンがドライバーと配送を兼務しているため、従来の業務ができないなどはよくあるケースです。時間の有効活用やメリハリの付け方、新たな人材を活用するなどすれば、解決できる問題です。
深夜に商品をお客様のところに届けなければならなくなった時なども、困ったケースとして挙げられます。あらかじめ時間を指定しておくか、交代制にして待機させるなどの改善策があります。
人件費や車両費のコストダウンも、軽貨物運送にありがちな課題です。どこのコストをカットしていくのかは手腕の見せ所ですが、無理のない範囲で行っていくのがカギです。
年末の繁忙期などは特にトラブルが多く、ドライバーが不在の時に受注してしまうなどの問題があります。無理のある日程等を依頼されることもありますが、意外と近くに解消するためのヒントは転がっています。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>