始める前に確認すべきポイント

始める前に確認すべきポイント

始める前に確認すべきポイント 軽貨物運送に興味を持って前向きにドライバーの仕事を検討するなら、その前に確認すべきことがあるのではないでしょうか。例えば契約内容が事前に説明されたとおりか、1日あたりの仕事量などについてチェックする必要があります。また契約や説明に疑問点があれば、先延ばしにせず早めに質問することをおすすめします。一度契約に同意すると、内容を理解して認めたことを意味しますから、後悔のないように確かめておきたいところです。
一方、軽貨物運送の仕事を始める前には、運転するエリアやルートなどもチェックした方が良いです。地図や写真で見るのと、実際に目の当たりにするのではかなり違うことがあるので、迷わないためにも要チェックです。こちらも確かめることが必要ですが、軽貨物運送の掛け持ちが認められるなら、効率的に仕事をこなせた方が断然稼げます。つまり、不利な契約を結ばないだけでなくより良く稼ぐ意味でも、軽貨物運送を始める前に確認を要するポイントは多いのではないでしょうか。

軽貨物運送と一般貨物運送の違いとは何か?

軽貨物運送と一般貨物運送の違いとは何か? 一言で運送会社と言っても色々と種類があります。特に軽貨物運送と一般貨物運送は、どちらも貨物自動車運送事業法による区分ですが、違いを説明出来る人はあまり多くありません。
ではこれらの違いは具体的にどういうものなのか見ていきましょう。まず軽貨物運送は、正式には貨物軽自動車運送事業と言って、ナンバープレートの色から黒ナンバーと呼ぶ人もいます。
軽自動車や二輪の自動車だけが使用する事が可能です。開業も地方運輸支局へ届け出を行えば受理されるので、特別な条件は特にありません。

つまり書類さえそろえる事が出来れば、数日で開業出来、車1台そして1人で始める事も可能です。しかし運送に使う乗り物は軽トラックやバイクだけに限られる為、重い荷物や大量の荷物を運ぶのには適していません。
一方一般貨物輸送は、正式には一般貨物自動車運送事業と言って、ナンバープレートの色から緑ナンバーと呼ぶ人もいます。
軽貨物運送で使用している物以外の自動車を使用する事が出来るのが特徴です。軽貨物運送と比較すると開業するのが難しく、地方運輸支局へ申請を行って、さらに審査をパスする必要があります。
審査も3カ月程かかりますし、車両も5台以上ドライバーも5名以上と、1人以上の運行管理資格者と整備管理者が必要となります。
加えて営業所や休憩室、駐車場も用意しなければならない為、立ち上げるのにはそれなりの時間と手間そして労力がかかるのが特徴です。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>