軽貨物運送について

軽貨物運送のシステム

軽貨物運送のシステム 現在は通信販売で商品を購入する人が増加傾向にあり、実際に店舗に行って持ち帰りをするといった手間を省くことができ、重量物や近くに販売している店舗が無くても入手できるようになりました。この通信販売の発展はインターネットの普及が大きく寄与しているのは間違いありませんが、配送業者が増大した物流量を制度を変えることで対応できたのも要因の一つです。この配送業の改革で注目されるようになったのは軽貨物運送ですが、この軽貨物運送はそれまであった運送業者が自社で車両を用意して直接雇用した運転手を使って物流事業を行っているといった方法は行っていません。
基本的に軽貨物運送は運転手が事業主になっていて、仕事は運送業者と委託契約を締結して、その業者が取り扱っている荷物を代わって送り先に届けるという仕組みになっています。このような理由から軽貨物運送の利益は配送が終了した個数に対する歩合で支払われていて、直接雇用で発生する時給などの給与体系は存在しないという特徴があります。これは安定性という面では脆弱ですが、基本的に配った荷物の量が多ければ直接雇用されている運転手よりも報酬額は高くなるでしょう。

軽貨物運送のシステムと他の運送業システムとは何が違うの?

軽貨物運送のシステムと他の運送業システムとは何が違うの? 軽貨物運送とほかの運送業には大きく3つの違いがあります。
1つめは、一般的には大型トラックなど大型の自動車を用いて運ぶシステムと異なり、軽自動車や二輪自動車を用いて貨物の配送を行います。そのため、軽貨物運送においては荷物は食料品や日用品、各種部品など小さく軽めのものが多く運送の対象となる地域も一定の区間に限られてくる傾向があります。したがって、長距離運転や見知らぬ場所を運転するなどの負担が比較的少なくなります。
2つ目は雇用の形態です。業者に雇用されて行う他の運送業の場合とは異なり、軽貨物運送の場合は個人事業として行われています。それゆえに、働き方に関しては自由な時間で働きやすい、働いた分だけ収入につながる、比較的簡単に開業できるなどの特徴があるといえます。3つ目は開業の方法です。個人事業であることとも関連して軽貨物運送の場合は、届け出によって開業することができます。ほかの場合には役所の許可が必要なことを考えると、開業へのハードルは低いといえます。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>